読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーターペンペン

日記と雑記

2017/5/24

「けがれ」をiPhoneで変換すると「穢れ」「汚れ」と出てくる。

(てかiPhoneってアイフォンじゃなくてアイフォーンって打たないと出ないんか)

 

私はこれまでケガレというものは、きたないものへの嫌悪を表した言葉だと思っていた。しかし網野善彦先生の本を読んでいたら、そんな考えを持っていた私にとってを画期的な記述があった。

 

”ケガレとはなにかは大問題ですが、私は山本幸司さんが「貴族社会における穢と秩序」(『日本史研究 二七八〇号』)という論文でいっておられるように、ケガレとは、人間と自然のそれなりに均衡のとれた状態に欠損が生じたり、均衡が崩れたりしたとき、それによって人間社会の内部におこる畏れ、不安と結びついている、と考えることができるのではないかと思います。
たとえば人の死は欠損で、死穢が生じますし、人の誕生は逆にまた、それまでの均衡を崩すことになり、産穢が発生する。人間にとってどうにもならない力をもった火によっておこる火事は、社会のある部分の消滅によって焼亡穢を生み出します。平安期の貴族の世界では、このような穢れが大問題になってきたのです。”

(出典:ちくま学芸文庫『日本の歴史をよみなおす』網野善彦)

 

ケガレ=きたならしい、いやしいではなく、欠損や均衡の崩れを意味するものだったのか。現代にある差別も、根本にはこういうある種の畏怖が流れているんじゃないだろうか。まだこれ読み切ってないけど、かなり面白いです。

 

こないだ読み終わったのが『盆踊り 乱交の民俗学』(下川耿史)です。大学の図書館で借りたんだぜ。私は本当に性に関しての恥じらいのような感覚が無くて、世の中についていけない…。必要以上に恥を重んじるのが日本社会であって、それを変えていきたいという自負はあるものの、性的な趣き・エッセンスとしての恥すらもなくて……いいんだか悪いんだか。この本返したとき返却カウンターのおじさんが戸惑ってたけど、その戸惑いや視線!「そういうの」を意に介さないでいたいとは思う。くだらない。現代は乱交が是とされないから窮屈ですね。私は大好きなんだけど、なかなか文字に起こすのは躊躇われる。口頭なら可能?

 

乱交本の感想はいつか…書く…かも……

2017/5/22

17歳の時、私は亡命を計画していた。

https://note.mu/club_sesame/n/n1ee84a926e19

 

理由はこっち。

https://note.mu/club_sesame/n/n73cc3012260b

 

高校時代に書き残しておいてよかったなぁ。ところどころ落語みたいな言い回しがあっておかしい(笑)

そして安倍政権がクソであることを指摘している。17歳の自分よ…本当にクソだぞこの政権は…そして未だに続いているぞ…。どうしたらいいか分からなくて最終的に福沢諭吉を神格化してるけど、私は現在、慶應の学生である。やだ、この子こわい!!

 

日本には、アイドルやラジオやロフトプラスワンやスシローなどなど大好きなものがたくさんあって、大好きな人がたくさんいる。

日本はとても快適で住みやすいし、医療費が安いから軽い気持ちで病院に行ける。

 

だけど国自体には、愛情も誇りもへったくれもない。

 

好きなものがこれ以上増える前に去ってしまったほうがいいのだろうか。

 

https://courrier.jp/news/archives/85256/

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000040-asahi-pol

 

 

f:id:nipponmanju:20170522232848j:image

 

もういっそどこかの植民地になったほうがましなんじゃない?

 

2017/5/12

まったく興味なかったのに、ここ最近「院に行きたいかも…?」という思いが爆誕した。困ったな。

文系といったって、大学院は相当忙しそう。全然関係ないけど私は一度でいいから「アパレルの店員」をやってみたくて、就職する前だとしたら、学部生の残り期間が院生期間くらいのような気がする。でも絶対院行きながらアパレルは無理だ。別に学生のうちにこだわる必要もないかな。セレクトショップの店頭に立ってみたいなぁ。川岸りなさんのとこのカップルが好きすぎて、ハイブランド志向が強まってきてる。

 

めちゃくちゃ脱線してしまった。そもそも就職が嫌で院に進みたいというわけではない。普段から就職やだ〜と言いまくってるから、たぶん周りの誰からも信じてもらえないとは思うが、単純にいま授業が楽しいからという理由に尽きる。今年から専門的な科目が増えて、般教ではなかなか得られなかった充実感が驚くほどある。名称からだと何をやっているのかよくわからない総合的な専攻じゃなくて、史学科になれてよかった…。

 

水曜日は専攻の懇親会があって、少しだけ教授の話を聞いた。

「先生って東大の院出られてますよね?」と唐突に尋ねたところ、「よく知ってますね」とやや引き気味に言われてしまった(笑)人名を見るとつい検索したくなるんです…。別の先生は某出版社の奨学金でエジプト留学をしたらしい。返済不要の奨学金で海外の院に行ければコスパはかなりいい。ただハードルが高い。東大の院でも年間50〜60万くらいはかかる。まぁ年間60万ならバイト代でなんとか払えるけど、家にお金入れる余裕はなさそう。

 

すべては金だな。私立の院はさすがに無理だから(つまりこのままエスカレーターという道はない)、就活も並行してやっていくべきだろう。働いてお金貯めてから社会人枠で入るという手もある。理想としては、会計士受かって、資格使ってバイトしながら院生やるやつなんだけど…会計はほんと絶望的なアレだから…。

 

そういえばアラビア語ですが、ザ・苦行です。完全にミスった。

 

 

2017/5/9

化粧水がきれたので、銀座シックスに行ってみました。キールズの袋を持ってジョンマスターオーガニックの前を通るのはきつかった。ビンボー学生にはキールズが限界です…。お金なさすぎて、コスメカウンターとかキャンペーンとかでしばらくサンプル乞食生活してた。

 

そういや誕生日が来て、大学生がいわゆるババアを自称しはじめる年齢になった。私自身はあんまり意識してないんだけど、やっぱ20代前半でやたらババアババア言ってる女の子たちがいるのは悲しいし、そうさせてる周りの環境に腹が立つし、そもそも年齢をコンプレックス扱いする風潮が蔓延りすぎではないか。

 

何でこうなっちゃったんだろう。

これ、根拠のない超勝手な憶測だけど、発祥は「美人」なんじゃないかと思う。謙遜するにもネタがない美人が、年齢なら!ということで使い始めたのでは。でも結局年齢なんて、人類共通の要素だから、歳をとる=ネガティブなことという部分だけが抽出されて広まってしまったのではないか。

 

年齢に関係なく素敵な人は素敵、うーん、「素敵」というのはざっくりしすぎているかもしれないが、魅力的であることと年齢に絶対的な相関はないだろうと思うし、たとえば私が惚れた女性が自分の母親ほどの歳だとして、彼女が「私なんておばさんだから〜」とか発言したら、私はめちゃくちゃヘコむ。彼女にこんなことを言わせるのはどこのどいつだ!!!と怒りが湧く。女性を恋愛対象として見る側であるからこそ、悲しくなってしまう。どうやったら根絶できるだろう。

 

あと、女性を取り巻く年齢のしがらみって会話するとき結構邪魔。年齢卑下が始まると、盛り上がりが冷めてしまう。

2017/5/7

ゴーワタナベ真っ只中に、まさかの扁桃炎アゲイン…。学校欠席にならなかっただけましなのかなぁ。それにしても損した気分。

 

勇者ああああでバイオハザード7の映像精彩すぎる!ってなって、弟者さんの実況動画見始めた。面白くて止まらないなこりゃ。

 

というわけなので、まったく簿記などは進んでない。突然湧いてきた留学への意欲に対するIELTSとかのもろもろもなんもしてない。

 

今日は動けたからミュゼの契約をして、髪を漆黒にしました。

 

金曜にやや体調悪いながらもバイトして、夜は遊ぶ予定だったけどそれどころじゃないレベルでしんどくて、帰って熱を測ったら38.9度。あんまり経験のない高熱で、リアルにうなされてた。さすがに熱さましを飲んで、翌日(土曜)ラッキーなことに近所の病院がやってたから、行った。GWのつづきみたいな感じで休みかと思いきや…!ありがたき!(©︎ぴかりん)

土曜も予定入れまくってたけど全キャンセル。せっかく稼げるんだからバイト行きたかったわ。

 

土曜の夜はエビチャンズーとゴッドタンを満喫した。面白かったなぁ。アルピー売れてんなぁ。ちょっと目にしてしまうとジャニオタもっかいやりたくなる。でもだめなんだ…男性に生まれたかったという悔しさとか憎しみでしんどくなっちゃう。

恋慕事情を振り返る②

明石中宮から2〜3年後に仲良くなったのが、若紫だった。

 

当時私は学童に通っていて、「学校から帰ると家に親がいる」組を羨ましく思い、自分の境遇には劣等感を抱いていた。なんとなく、学童に預けられること=貧乏、家に親がいる=裕福というイメージを持っていた。子供の視野の狭さはこわい。

 

若紫に対しては、執着しすぎてしまってて今となっては申し訳なかったなーという気持ちがある。彼女が他の誰かと仲良くするのが許せなくて、常に自分の隣にいてくれないと嫌だった。

 

彼女は私にないものをたくさん持っていて、羨望をベースとした好意がそういう束縛に繋がったのかもしれない。彼女は学童に通っていなかった。

 

若紫は顔が可愛い。それでいて男っ気がない。服装もすごくオシャレというわけではないけど、ダサい日がない。髪がサラサラ。綺麗なマンションに住んでいた。

 

どうしてあの時、私はあんなにも理性に欠ける行動ばかりしていたのだろう…と思い返してみて、セクシュアリティの自覚と相まって恋心だったのではないかと考えられるようになった。

 

執着の度合いで言えば、藤壺といったほうが近いかもしれない。ただ、藤壺には未来がない。

私は成人式で彼女と再会した。紫の上になっていた。本当に顔がそのまま。美人というのは、どれくらい子ども時代の原型を留めているかによるのでは?と最近思うが、あんなにそのまんま育つ人見たことない!というくらい。

今後またどこかで会えるかもしれない、という希望を込めて、藤壺にはしたくなかった。

 

そういえば、定期的にネトストしたなぁ…。私と別れてから(付き合ってない)、彼氏なるものができた様子で、「うちの、可愛いだろ…気づくの遅いんだよ」と思いながら眺めていた。

 

ちなみに彼女の母親はチェ・ジウ父親平岡祐太に似ていたはず。最強の遺伝子。

 

2017/5/1

原沙知絵と同じということにどうもピンとこないなと幼い頃から思っていたけど、最近はEXID ハニを見つけたので誕生日は嬉しくなれる。

 

今日普通に授業あって、夜はメキシコ料理食べた。

 

 

そして、ちょっと物申したいことがある!

現在ユニドルというものがありますよね。私の通っている学校にもグループがあります。それでさっきツイッターを見たら新加入するメンバーが紹介されていた。

ファンではないけど、一応アイドルオタクとして自分の大学くらいは…ってことでこれまでも動向は追っていたけど、新メンバー含む集合写真を改めて見て、これはひどい!と感じてしまいました。

 

アイドル運営の何たるかをわかってないのか。

 

私はアイドルにとって大切な要素として、多様性が挙げられると思っている。あるひとつの傾向に偏った人ばかりでは、複数名のグループ構成にする意味がないから。グループという制約の中で繰り広げられる多様性の競合が、アイドルに魅力を与えるのではないだろうか、と考えているし、私が惹かれるのもまさにそこだ。そして多様性の準備は、客個人それぞれの好みやマーケティング戦略へと繋がる。

 

某モラは!(言っちゃったよ)

11人もいるというのに、髪型、とくに前髪の形態が全員ほぼ同じ。顔もみんな無難。揃えているからこそ際立つみたいな狙いも感じられない。せっかくアイドル運営する機会もらっておいて…はぁ…

 

売ることがメインの目的じゃないのかな。ユニドルよくわからん…

 

f:id:nipponmanju:20170502001423j:image