モーターペンペン

日記と雑記

2017/7/5 『ハクソーリッジ』感想

カテキョが終わった後に映画館へ向かい、レイトショーで念願の『ハクソーリッジ』を見てきた。

 

戦争映画は劇場で見るべし!という安易な発想だったけど、劇場で見て本当に良かった。劇場で見るんじゃなかった…という気持ちが少しよぎるくらいだから、相当良かった。(迫力という意味で)

時代考証の詳しいところは全然わからないから、そういった指摘や懐疑はできない。とりあえず主観メモ。

 

・戦争は生活の延長線上に

作中で「平時は息子が父親の死を弔い、戦時はその逆で父親が息子の死を弔う」といったようなフレーズが出てきたが、戦時というと平時の対義語になるし、歴史を勉強していても戦争そのものは日常とは異なる「事件」として扱われている印象が強い。大まかに見れば前半と後半ではまるで世界が違うけど、あくまで両者は連続した同一の世界線上にある。そして兵士は兵士という生き物ではなくあくまで人間だということを強く実感した。

ただ日本兵に関しては日本兵という生き物にしか見えなかった。日米軍の決定的な違いは「死のうとしてる人たち」なのか「生きようとしてる人たち」なのかという部分だと思った。アメリカの軍事力をもってしても、日本兵の「死んでもいい」「死こそ名誉」といった姿勢は恐ろしく感じられただろう。私も見ていて日本兵怖〜ってなった。日本の対米大戦作品にばかり触れてきたから、任務として戦闘を遂行するアメリカ兵と、戦闘そのものをゴールとして掲げる日本兵との温度差や意識差をまざまざと見せつけられた点が新鮮でとても良かった。なんだかんだいってあの時代の大日本帝国はやっぱり異常。文明開化した後とは思えない…というか、文明開化関係なくあれは伝統のなかの現象ではなく、たぶん日本史上で見ても異分子。

  

 

・初めての体験とグローバリゼーション

アメリカ人の物語を見せつけられるわけだから、自然と戦闘シーンではアメリカ兵側に感情移入する。とくに敵(日本兵)と対峙する部分はめちゃくちゃドキドキした…ドスの悪夢のシーンとかビックリしすぎて震えてしまった。

そのせいか、日本語話者が登場したとき、うわ日本語気持ち悪い!と感じた。帰るときの電車でも聞こえてくる日本語が気持ち悪くて、やたらまわりを警戒してしまったくらい。逆にドスが日本兵の手当てをするシーンでは英語が気持ち悪く感じた。さすがに感情移入しすぎだけど、切迫した状況で馴染みのない言語が耳に入ってきたらパニックになるし、いくら親切にされても警戒は解けないよな〜と思った。

もしも私がドスに手当てされる日本兵だったら、こいつは油断させるために優しい口調で話していて、死ぬ薬を打っているんじゃないか?と考えるだろう。

 

しかし今レベルで英語が普及してたらどうなんだろう。やっぱ学校で勉強するくらいじゃ変わらないのかなぁ。私はもともと世界の画一化を否定的に捉えていたけど、最低限の感情や意図が伝わる共通手段を人間が持てたとしたら、それは間接的に平和をもたらすだろうか?

だいぶ余談ではあるが、大学の授業で「テクノロジーは言語にどういった影響を与えうるか?(良い悪い?中立?)」というテーマの議論をやらされた。John McwhoterのTEDの内容(テキスティング)も踏まえて…みたいな。ある特定の語に多くの意味が回収されてしまうのは語彙の豊かさを崩すかもしれないけど、簡単な伝達はあらゆるバリアーに対して優しいという可能性もある、といったことを主張した。授業内での例は、やばい、マジ、lolなど。例えば緊急事態のときに、異言語話者間で最低限の情報をやり取りするために(I'm Ok or notくらいの)簡易的な言葉はあっても良いのかもしれない…。

 

 

沖縄の風景の中をアメリカ兵が歩いたり、沖縄の古民家にアメリカ兵が居座ったりする場面でとくに思ったけど、文化の隔たりが凄まじい!アメリカ人からしたら鳥居も民家もなんじゃこりゃなわけで、観光ならまだしも戦争時に初見の文化と相対するの超ゾッとするだろうな。仕組みが全然見えないもん。ハイコンテクスト大国怖い…(そこじゃない)

 

 

・戦争へのマクロ視点/ミクロ視点

沖縄の本土決戦はとにかく悲劇として教育を受けてきて、もはや感動ポルノ化してる側面もある。そして米兵の惨さが強調されがちだけど、冷静に、客観的に見てみれば、米兵ばかりが悪者にされるのもどうよ、というのを改めて感じた。米兵に見つかると少女だろうが火炎放射されるなんてひどいなーと思っていたけど、当時の沖縄は今でいうところのモスルみたいなもので、民間人も手榴弾などの武器を持っていたから、油断すると殺されるかもしれなかった。生きようという意思があるアメリカ兵からしたら、ちょっとでも危なければ殺すしかないよな…。これは別に「寝返り」なんかじゃなくて、単純に歴史を見るときには感情論から離れなきゃいけないんだという自戒の念。

ただ感動ポルノ化を全面否定する必要もないと思っている。やはり抑止力として感情に訴えかけることは有効だと思うから。歴史的事実を客観的にみることはマクロ的視点であって、戦争を理論から突き詰めることができる。ミクロレベルで戦争を見れば、いかに肯定し難い事象なのかということを心で受け止められる。命って人類どころか生物普遍のもので、やはりそれが軽率に扱われるっていうのは…誰にとってもマイナスなんじゃないか…。

 

私が政治関連の文脈で主張しがちなのが、'戦争は決して特殊事態ではない'という考えで、戦争を遠い存在として捉えられることは平和だからこそなんだけど、でも完全無欠の平和とか、絶対に戦争が起こり得ない世界が出来上がらない限りは、戦争への恐怖、嫌悪、軽蔑は人類の心にあり続けるべきだと思う。

 

・主人公が武器を持たないのはなぜか

ドスが「君が武器を持たない根拠は本当に信仰なのか?」と上司に問われる場面があった。そしてドスは、父親を撃ちかけてしまった過去を回想する。この場面以降も、ドスはあくまで宗教上の理由で銃を持たないという建前のまま話が進んでいったけど、結局「本当に信仰なのか?」という問いの答えは出てこない…。つまり、実は信仰じゃないってこと?解釈が分からなかった。ドスは銃を持たないのではなく持てないだけで、宗教じゃなくてトラウマが原因なのでは?と思えてしまう。そこらへんの仄めかしは一体なんだったんだろう。

 

・アメリカの映画と宗教、宗教と戦争

信仰とか宗教に関してセリフの中ではっきり言及されているため、キリスト教が作品の要素として大きいわりに、宗教色が強くなかった。…ような気がする。思想(発言)や習慣が暗に取り込まれていたら、キリスト教をわからない人間からすると違和感だらけだったかもしれない。ただやはりそのナチュラルさでいったら、さすがアメリカー!という感じ。そのコンテクスト、私は持ってないなぁと。

 

背景がまったく異なるので、安易な比較はでしないが、わりと米軍はダブスタに寛容のように見えた。(キリスト教としては殺人NGだけど、戦争は殺人とは解釈しない、みたいな)

日本軍でドスみたいな振る舞いは粛清対象…かな…?
ドスの場合幹部が理解を示したけど、日本軍だったら仲間の一部が理解を示すものの幹部からひどい扱いを受けるという構図になるだろうなと思った。(陛下は理解してくれたりしてw)
日本兵は名もなき役柄だったな 

 

宗教に関しても日本視点の映画にはなかなか見られない。当たり前に信仰のある国とそうでない国の、前提としてある意識の違いがわかって興味深かった。WWⅡ時代の日本は軍隊による社会主義ともいわれるから、信仰どころではないのか…うむむ…

 

あ〜〜もう一回見たいなぁ。

下書きに保存し続けてたら2週間以上経ってしまったので、とりあえず出す!

2017/6/28

ずっと書かないでいるとアレもコレもと書きたい内容がどんどん積もって書くことを敬遠して、また書きたいことが積もるという負の連鎖にハマる。

 

アラビア語と中国語と会計と英語(ほぼ語学や…)に追われて文章を書く余裕がない。

 

ミリ好きとしてはハクソーリッジを早く見たい。

 

日本という名詞を主語にするのはよろしくないんだけど、やはり日本はいわゆる「先進国」からは50年以上遅れていると思わないと、やってらんない。

 

あ、まだそこにいる!?みたいな事象が多すぎるし、ネットでそれが可視化されている。

 

ストロングゼロを飲んだらなぜかめちゃくちゃグルグルしてしんどい。

 

 

 

2017/6/10

今日はパーティーに行きました。いろんな人がいてとても面白かったんだけど、滞在時間が短すぎたのが心残り。もっとお喋りしたかった。最近お店に全然行ってない。んーー、何だか性的な充実が弱い!ミスiDに入部して彼女つくりたいという願いはまたも達成されず……。(下衆の極み)

 

そういえば今年はじめ、春休み中に小説書こうと思って断念した。理由も何も、もうこんなことは無理…とフェードアウトした。長編小説執筆を目標とした講義を受けたい。最初は意味わからんぷーだったSPSS統計ソフトだって、謎に包まれていた研究論文だって、方法さえ学べば仕組みを把握できるんだから、それと同じようにならないものかね。

 

方法も必要だけど、それとは別で、私にはやはりどこかしら「甘え」があるのではないかとも思う。自分がもしもブスで汚いおじさんだったら、縋れるものは自分の才能だけで、世間に認めてもらうべくガムシャラに頑張るしか道は開けない。でも実際の私は(外見上)ちょっと可愛い目な女子で、旨い小説が書けなくたって、簡単に周りから存在を許される。素でもやっていけてしまう。しかしブスで汚いおじさんは、素(=自然状態)ではブスで汚いおじさんなわけで、そのままでは肩身が狭い。ただ面白い小説を書けるとしたら、ブスで汚いおじさんであることはきっとどうでもよくなる。ブスで汚いおじさんを卒業して、小説家になれる。

 

私にはおじさんとしての自覚が足りないのではないか。ブスで汚いおじさんレベルの追い込まれ具合でいなければ、一生懸命になれないのではないか。

 

もっとちゃんとおじさんにならなければ…

 

2017/6/3

明日はバイトが夜だけだから、缶チューハイとからあげを用意して気合い入れて夜更かしをした。夜更かししようと思って夜更かししたの久々なんだけど、いい加減会計をやれよ私。家じゃ勉強出来ない芸人は土日に本領を発揮するのであった〜残念〜

 

てなわけで久保みねヒャダを見た。能町さんの駅名ソムリエールをやっていて(超好き)、しかも偶然都営浅草線で、テンアゲ。使ってる路線が出てくると嬉しい。私はいつも真ん中らへんの駅しか通らないけど、「松原立体交差」は笑った。松原立体って呼ぶやつだねってなってたけど、響きが体育大学みたい。(日女体大や日体荏原あたり)  「松原立体交差」駅名として斬新ですごく良い!

 

その流れでスシガネーゼも見たのだが、

え…

緑髪の小柄な変なのと、パンサー菅似のロン毛…?

2人とも服の色くすんでるし…何者?

 

と思ったらDragon Ash降谷建志とATSUSHIだった。ちゃんと顔見たの初めて。

もうDAといったら酒井ちゃんしか出てこない。ピンスパ。酒井ちゃんの話ばっかり聞いてて、実際私の中のDAのイメージは、私がかっこいいと思わないものをかっこいいとする文化の中に生きていて、自分とは何も共有しない存在なんだという認識だった。(ダサ井健太の影響も大いにある。ダサ井ちゃんの好きなものはダサいから…) スミノフの空き瓶を部屋に置いてる系の世界に、私はいない。

 

だけども、やっぱテレビってすごいね。いくらネットが普及しても、テレビの一方性は超えられないかもしれない。ネットは情報を恣意的に選択できて当然のツールだから。ネットで出会えないものがテレビで見るテレビにはある。

 

そう、それで、スクールカーストの頂点でイキリ散らしてるような人が(※あくまで勝手なイメージ像)こんなラフに談笑する番組出るんだ!っていう、もうそこだけで印象がガラッと変わった。ライブの映像が流れて、かっこいいと思ったし、こりゃファンつくわな、カリスマ性ビンビンじゃんか、と感心した。Kjになりてぇ〜と唸った。

 

そのあとボケーっとしてたらプロレスの番組が始まり、たまたま棚橋選手のインタビューが軽く流れていて見た。プロレス選手ってパフォーマーとかキャラクターっていうイメージが強くて、常に「ぶっつぶしてやるぜ!」「待ってろ○○!」みたいな煽り文句ばかり言っているもんだと思っていた。でも棚橋選手は、拍子抜けするくらい普通のテンションで、キャラクターというよりアスリートとしてきちんと問われたことに答えていた。しかもただただ普通とかまともとかいう以上に、言葉のチョイスが丁寧でとても聡い印象を受けた。人格者の匂いがした。

2017/5/31

相変わらずアラビア語の授業は意味不明ですが、やはり先生が本当に美しい。

どういう美しさなのかというと、生活感が見えなくて、俗とはかけ離れた世界で生きているよう。しかも今日ノースリーブ着てた…二の腕つるつる…。

 

これは学科の別の教授が教えてくださったんだけど、彼女子どもが2人もいるらしくて驚いた。さすがにそれは魔女レベル。「生活感が無い」と「子育て」って両極端なのに…!すごいなぁ。同棲してみたい…。

 

女性に惚れると、まっさきに生活の共有を想像してしまう。

 

2017/5/24

「けがれ」をiPhoneで変換すると「穢れ」「汚れ」と出てくる。

(てかiPhoneってアイフォンじゃなくてアイフォーンって打たないと出ないんか)

 

私はこれまでケガレというものは、きたないものへの嫌悪を表した言葉だと思っていた。しかし網野善彦先生の本を読んでいたら、そんな考えを持っていた私にとってを画期的な記述があった。

 

”ケガレとはなにかは大問題ですが、私は山本幸司さんが「貴族社会における穢と秩序」(『日本史研究 二七八〇号』)という論文でいっておられるように、ケガレとは、人間と自然のそれなりに均衡のとれた状態に欠損が生じたり、均衡が崩れたりしたとき、それによって人間社会の内部におこる畏れ、不安と結びついている、と考えることができるのではないかと思います。
たとえば人の死は欠損で、死穢が生じますし、人の誕生は逆にまた、それまでの均衡を崩すことになり、産穢が発生する。人間にとってどうにもならない力をもった火によっておこる火事は、社会のある部分の消滅によって焼亡穢を生み出します。平安期の貴族の世界では、このような穢れが大問題になってきたのです。”

(出典:ちくま学芸文庫『日本の歴史をよみなおす』網野善彦)

 

ケガレ=きたならしい、いやしいではなく、欠損や均衡の崩れを意味するものだったのか。現代にある差別も、根本にはこういうある種の畏怖が流れているんじゃないだろうか。まだこれ読み切ってないけど、かなり面白いです。

 

こないだ読み終わったのが『盆踊り 乱交の民俗学』(下川耿史)です。大学の図書館で借りたんだぜ。私は本当に性に関しての恥じらいのような感覚が無くて、世の中についていけない…。必要以上に恥を重んじるのが日本社会であって、それを変えていきたいという自負はあるものの、性的な趣き・エッセンスとしての恥すらもなくて……いいんだか悪いんだか。この本返したとき返却カウンターのおじさんが戸惑ってたけど、その戸惑いや視線!「そういうの」を意に介さないでいたいとは思う。くだらない。現代は乱交が是とされないから窮屈ですね。私は大好きなんだけど、なかなか文字に起こすのは躊躇われる。口頭なら可能?

 

乱交本の感想はいつか…書く…かも……

2017/5/22

17歳の時、私は亡命を計画していた。

https://note.mu/club_sesame/n/n1ee84a926e19

 

理由はこっち。

https://note.mu/club_sesame/n/n73cc3012260b

 

高校時代に書き残しておいてよかったなぁ。ところどころ落語みたいな言い回しがあっておかしい(笑)

そして安倍政権がクソであることを指摘している。17歳の自分よ…本当にクソだぞこの政権は…そして未だに続いているぞ…。どうしたらいいか分からなくて最終的に福沢諭吉を神格化してるけど、私は現在、慶應の学生である。やだ、この子こわい!!

 

日本には、アイドルやラジオやロフトプラスワンやスシローなどなど大好きなものがたくさんあって、大好きな人がたくさんいる。

日本はとても快適で住みやすいし、医療費が安いから軽い気持ちで病院に行ける。

 

だけど国自体には、愛情も誇りもへったくれもない。

 

好きなものがこれ以上増える前に去ってしまったほうがいいのだろうか。

 

https://courrier.jp/news/archives/85256/

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000040-asahi-pol

 

 

f:id:nipponmanju:20170522232848j:image

 

もういっそどこかの植民地になったほうがましなんじゃない?