モーターペンペン

日記と雑記

2016/12/24

タイトル書くとき、ナチュラルに2012とか2014とか打っちゃうことが多くて、私は本当に偶数に弱いんだと再確認させられる。

 

今日は思いつきでチケットを取ったイベントに新宿へ。そっち関係だから向こうに書く。

 

私は昔から好きでもない人から好かれる事案が多くて、なんでかなーって考えると好きでもない人とはペラペラ話せるからなのでは…!?と気づいた。なんで罪なやつなんだ。パラドックスに引っ掛けてしまい申し訳ない。

 

初めてのネイルはソワソワする。爪になにも塗っていない女性を見ると、爪が裸だ!などと感じてしまう。家事とか財布類の出し入れとか着衣脱衣にいちいち気を使って面倒だけど、爪が裸ではない安心感はありがたい。

 

南青山は冷たい街だった。骨董通りにかろうじてスタバがあるくらい。ちょろっと入って休めるようなファミレスやチェーンのカフェがほとんど無くて、かなり彷徨った。寒かった、寒かった。南青山なんか嫌いだ。ネイリストさんはとっても優しかった。ソファはふかふかだった。

 

それに比べて新宿は、薄汚さとオシャレと気品がごちゃ混ぜで、なんと温度のある街であろうか。断然愛おしい。

 

高円寺は近づきがたい。地元色が強く、地元のひとに対して媚びを売り、よそものははいはいいらっしゃいいらっしゃいって感じで、何回行っても慣れなくて自分のものにはできないんだろうなと思った。住んでなんぼという感じ。

 

<毎日短歌>

パパの仕事うまくいくようにサンタさん 扉 扉って名前?ほんとう?

 

クリスマスのツリーに短冊もおかしいがやっぱり気になる扉という子

 

扉くん?扉ちゃんかな?はじめての感性に触れた 名を与える