読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーターペンペン

日記と雑記

2017/1/4

今日は友達(?)の地元に行って、映画を見た。

「僕は明日、昨日の君とデートする」

こういう類いの映画、私は自分の意思で見ようとは思わないけど、付き合いで仕方なく。

 

序盤は白目剥いたよ…

はいはいはいはーーいべろ〜んって感じで。

だんだん、自分の境遇の切なさを思い出して泣けた。

 

綺麗なことしか描かないからスルーされちゃうのかと思いきや、セックス描写がちゃんとあったのでそこは高評価!えらい!セックス前セックス後の人間の変化もちゃんと表現されてた。

序盤ではき、きも…!めっちゃきもい!と思った福士蒼汰が童貞捨ててから、時間の経過とともに垢抜けていくのね。そこがよかった。福士蒼汰が戸田真琴だった。

 

全体的に見れば京都のプロモーション映画と言えちゃうくらい京都京都してて、出町柳の文字がやたら登場するから私は傷ついたよ。京大落ちの心を抉らないで…。

 

小松菜奈の演技と衣装はんんんんん?という感じだった。悪いってわけじゃなくて、んんん?なんだよな。コンサバよりストリート系がやっぱいいよね。綺麗な人は汚くしてたほうがより綺麗だよ。

 

とにかく時空関係の設定が最後まで理解できなくて、ここはどうなっているの?これはこうなの?的な疑問がたっっっくさん残って終わったよ。

 

見ててつまらないカップルだったなー。

とくに会話がつまんねーーーーくて退屈したよ。

 

ああ、ほんとに意味がわからなかったな。

 

途中で、福士蒼汰斎藤工路線(仕事なんでも引き受けちゃう)でいけば面白いんじゃないか?とか考えた。あのルックスでサンシャイン池崎やったら斎藤工超えるんじゃない?想像するだけでヒヤヒヤするけど、ヒヤヒヤするような人ほどやったら面白くなるよ。サンシャイン福士見たいな〜。

 

てか京都の話なのにみーーんな標準語で現実感なさすぎ。

 

そういや予告編で黒執事の映像見れた!

黒執事は見に行きたいシエル拝みたい。