モーターペンペン

日記と雑記

2017/1/21

書かずに寝てしまった!

 

カテキョのあとカラオケで勉強。

そのあと図書館で『どこでもないところからの眺め』を借りた。ネーゲル。(授業のために仕方なく借りたわけで自主的には読まない)

 

帰り道ずっと考えてたんだけど、英語でさらりと2音節くらいで表現できる事柄が日本語だとやたら長たらしくなること、わりと多くないだろうか…。

「どこでもないところ」英語だと「nowhere」

 

どこでもないところって、なんかイメージを掴みづらいような、代名詞が多すぎるというか、nowhereだとわかりやすいのになぁ。

 

だから英語がスラスラ読めたら、哲学をもっとすんなり理解できるのかな?とか想像することがある。