汝の名は汝

銃を捨てろ!俺はパリピだ!

2017/3/27

朝からダラダラして、夜はカテキョ。

 

まさかの語学エントリーをしそびれて、めちゃくちゃ焦った。焦ったというか、焦ってる。(現在進行形)

 

年明けから私の生活はガラリと変わった。

自分の性を提供したり、自分の容姿を使って活動をした。

こういうの、やりたかったよねー!って最初は感じていたけど、ここまで突っ走ってきていよいよ気づいた。

自分の性的価値や容姿を対価として承認欲求を得ていくことは、私にとって本当にやりたいことじゃない。

 

高校時代、夜まで自習室で勉強した日の帰り道、私はとてつもない充実感を抱いていた。

京大の英語の問題に触れて、とてつもなく感動していた。

書いた文章を褒められてとてつもなく嬉しかった。

様々な賢人の本を読んで、とてつもない尊敬の念を覚えた。

 

あの時の方が私は幸せだった。

 

 

今も楽しくて、幸福感はあるけど、でもそれは「今だけ」のものなんじゃないかと思ってしまう。不安定さ、未来への見通しの悪さがある。

 

そして、なにより、自己消費活動という面を無視できない。

消費は永遠じゃない。

 

勉強や読書経験は、その逆で、自分自身をどんどん潤してくれる。

私が離れない限り、それはつづく。

 

短い間だけど、楽しかった。

今後はもう、私の泉を大事にしていきます。