汝の名は汝

銃を捨てろ!俺はパリピだ!

2017/4/21

金曜日ですね。

 

勇者ああああは面白いし、Arexis Renの絶妙に薄い腹部とあの肌の色は芸術ですか。

 

ほのかりんちゃんはハングルでしにたいと書きつつインスタで歌手なんかフォローしてたっけ?と慌ててしまうような歌声をしていて、

 

 

LALAちゃんの隣にはけみおがいて二度見した。

f:id:nipponmanju:20170422033730p:image

 

我らがかなともにはローズクォーツ美女という冠。

f:id:nipponmanju:20170422033812p:image

f:id:nipponmanju:20170422033922j:image

 

今日は珍しく、ひたすら画像を載せてるな。気分なので。

 

以前から再三「芸能人はある意味奇形」だから生で見に行く価値があると主張しまくっています。キムタクを見かけた…見かけたどころか話しかけるチャンスが充分あったのにオーラに圧倒されて話しかけられなかった、という話を聞いて、最近寝ていたらしい私の持論がばちっと起きてきた。

 

メディアで見て美しいと感じた人を、ハナから美しいとわかった上で見に行くのも楽しいんだけど、写真とかで見て「え…全然かわいくなくない…?」っていう人にこそ、生で確認し甲斐があるものです。

大森莉緒ちゃんは前者の典型。

 

完全に私の主観だが、後者を挙げるなら牛乳寒天なつみん。なつみんを可愛くないと思ったことはないし、むしろアイドルらしからぬ高貴な顔の整い方をしていて、これぞまさに完璧!と断言できちゃうし、なつみん可愛いよね〜って人の気持ちもよーーーくわかる。だけど、あまりにもあまりにも整っているので、私の理解を超えているというか、想像する余地がないのか、まったくときめかないのだ。(それになつみんはミスiD以前から知っていてもはや私の中ではコンテンツと化していた) だからこそ生で見てみたい。

 

フォトジェニックって大事だけど、フォトジェニックじゃないこともまた商法のうちかもしれない。

 

f:id:nipponmanju:20170422194904j:image

裏太ももの付け根部分お尻未満のところが無防備で好き。