汝な名は汝

雑記&雑記

2017/6/3

明日はバイトが夜だけだから、缶チューハイとからあげを用意して気合い入れて夜更かしをした。夜更かししようと思って夜更かししたの久々なんだけど、いい加減会計をやれよ私。家じゃ勉強出来ない芸人は土日に本領を発揮するのであった〜残念〜

 

てなわけで久保みねヒャダを見た。能町さんの駅名ソムリエールをやっていて(超好き)、しかも偶然都営浅草線で、テンアゲ。使ってる路線が出てくると嬉しい。私はいつも真ん中らへんの駅しか通らないけど、「松原立体交差」は笑った。松原立体って呼ぶやつだねってなってたけど、響きが体育大学みたい。(日女体大や日体荏原あたり)  「松原立体交差」駅名として斬新ですごく良い!

 

その流れでスシガネーゼも見たのだが、

え…

緑髪の小柄な変なのと、パンサー菅似のロン毛…?

2人とも服の色くすんでるし…何者?

 

と思ったらDragon Ash降谷建志とATSUSHIだった。ちゃんと顔見たの初めて。

もうDAといったら酒井ちゃんしか出てこない。ピンスパ。酒井ちゃんの話ばっかり聞いてて、実際私の中のDAのイメージは、私がかっこいいと思わないものをかっこいいとする文化の中に生きていて、自分とは何も共有しない存在なんだという認識だった。(ダサ井健太の影響も大いにある。ダサ井ちゃんの好きなものはダサいから…) スミノフの空き瓶を部屋に置いてる系の世界に、私はいない。

 

だけども、やっぱテレビってすごいね。いくらネットが普及しても、テレビの一方性は超えられないかもしれない。ネットは情報を恣意的に選択できて当然のツールだから。ネットで出会えないものがテレビにはある。

 

そう、それで、スクールカーストの頂点でイキリ散らしてるような人が(※あくまで勝手なイメージ像)こんなラフに談笑する番組出るんだ!っていう、もうそこだけで印象がガラッと変わった。ライブの映像が流れて、かっこいいと思ったし、こりゃファンつくわな、カリスマ性ビンビンじゃんか、と感心した。Kjになりてぇ〜と唸った。

 

そのあとボケーっとしてたらプロレスの番組が始まり、たまたま棚橋選手のインタビューが軽く流れていて見た。プロレス選手ってパフォーマーとかキャラクターっていうイメージが強くて、常に「ぶっつぶしてやるぜ!」「待ってろ○○!」みたいな煽り文句ばかり言っているもんだと思っていた。でも棚橋選手は、拍子抜けするくらい普通のテンションで、キャラクターというよりアスリートとしてきちんと問われたことに答えていた。しかもただただ普通とかまともとかいう以上に、言葉のチョイスが丁寧でとても聡い印象を受けた。人格者の匂いがした。